コレは大事!男性看護師が患者さんに嫌がられるシュチュエーションまとめ

男性看護師の求人!転職サイトの利用完全ガイド

MENU

男性看護師が患者さんに嫌がられるシュチュエーションまとめ

看護師の世界でも男性が増えてきています。特に大きな総合病院や大学病院などで見かけることが多くなりましたね。その男性看護師はどのような科で働いているのでしょうか。実はあまり外来で見かけることがありません。多くの男性看護師は病棟で働くことが多いです。また人気なのは、手術室、外科、精神科ではないでしょうか。特に男性看護師が増えてきたのは精神や外科あたりが一番は早かったのです。その理由は、どちらも力を必要とする科だからです。精神科では興奮状態にある患者を抑制することもありますね。外科では術後の動けない患者を動かすことも多いです。また移動させる動作が多いのです。
しかし現在はこの科だけにとどまらず、様々な科で男性看護師を見ることが出来ます。でも時には、患者さんにできれば男性看護師は来て欲しくない…、女の看護師さんにこれをやって欲しいということがあるのです。そんな患者さんに嫌がられるシュチュエーションをまとめてみました。
多く患者さんから言われるのは、やはり体の清潔に関することではないでしょうか。清拭やシャワー浴、入浴介助などいろいろありますが、やはり下の世話をしてほしくないという患者さんは少なくありません。できれば女性の方をとはじめから希望される患者さんも多いです。知ってて!男性看護師が患者さんに喜ばれるポイントまとめ

 

次に患者さんに嫌がられるシュチュエーションは、食事介助です。特に早食いの男のスタッフにされるのは困るという患者さんも。なぜなら、老人は誤嚥をしないようにペースを守って食事介助することが大切ですが、中には自分が早食いのために、全体的な食事介助のペースが早いという人もいます。そのために患者は気を使うし、自分もあせってしまう、できれば女の看護師さんが希望だという人もいるのです。
また排泄に関することも女の看護師を好む人が多いですね。おむつ交換などは比較的力が必要であるし、女性にはきつい介助になるのですが、患者にとってはやはり羞恥心が伴うところ。そのために頼むことは気が引けるという人が多いのですね。
このような全体的に見てみると、やはり昔は女の看護師が多かったために、その名残がまだまだ残っているのでしょうか。患者さんの中にもそのような思い込み、イメージがあるのだと思います。しかし今後も増えて医療の現場にも男女関係なくスタッフは流入してくるでしょう。そのために患者さんへの配慮をしながら働きやすい環境を作って行かなくてはいけないのですね。
男性看護師3