どうなの?男性看護師と女性看護師の給料の違いってあるの?

男性看護師の求人!転職サイトの利用完全ガイド

MENU

男性看護師と女性看護師の給料の違いってあるの?

男性看護師4
看護系の学校などに入学する方が多く、後に国家資格に合格された方は、看護師として勤務することが一般的に行われています。以前は看護婦と呼ばれていた職業で、女性が主に就く仕事として非常に有名です。しかし、現在では男性看護師も増えていることが実情になり、女性であっても男性でも名称は看護師に統一されています。男性看護師は年々増加傾向にありますが、それでも約9割の看護師が女性ということも現実になり、病院など各施設によって異なりますが、女性が中心となって仕事をしている職場環境が多い傾向にあります。ここで疑問視される内容があり、男性と女性では給料に違いが生じるのかという内容があります。この件に関してはやはり、職場環境に依存していることが多いものですが、基本的には男女の差によって給料の違いはあまり見られないことも現実です。

 

看護師の場合では、基本給の他に夜勤などを行った際に支払われる手当て、普段の残業手当などが加算されています。主任や科長などと役職が付いている方のケースでは、別途手当てが支給される仕組みです。この点に関しては一般的な会社員と大きく変わりはないことになり、その結果として給料に違いが出る部分としては、実際に行っている仕事内容として、夜勤の回数であったり、役職の有無によって変わることになります。現状としては多くの病院で女性が主任や科長を務めているということは珍しいことではありません。このケースでは男性が入所した場合でも、役職が付いている女性の方が給料が高めに設定されることになり、差別などは行われていないことが分かります。ただし、看護の現場では力仕事などが必要とされる場面も用意されています。このような状態であれば、女性よりも男性看護師の方が活発に働くことができる場合が多く、出世などをしやすい環境にあると判断することができます。コレは大事!男性看護師が患者さんに嫌がられるシュチュエーションまとめ

 

給料を構成している内容の中には、出身校なども影響される場合があります。専門学校よりも短大、短大よりも大学といったように、学歴によって収入が変わる場合もあります。また、経験値によっても変わる傾向があります。このケースでは看護師が転職を行った際に、それまでの経験が問われる場合が多く、十分なキャリアを持っている方であれば、男女問わずに高めの給料で優遇される可能性が高まります。その中には勤務を行う施設の条件設定というものも大きく影響するので、収入面で気になる方ならば、転職などを行う場面で収入を把握した上で勤務先を探すことも良い方法です。